2015年12月01日  

いざという時のために~救急救命講座(金石消防署救急隊)

金石消防署様にご協力をいただき、救急救命講座を開催しました。

今年度は2回目となります。

今回はより実践的に学べるようにと、金石消防署救急隊長様が考案して下さった福祉職員向けのプログラムであり画期的な試みでした。

 

 

 

 

 

 

食事中だったり、入浴中だったり、バイタルや主訴等、講師の方が提示する様々なシチュエーションで発生する容態の変化からAEDの作動までを職員2人1組で行いました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、救急隊が必要とする情報等の実践的な話も聞くことができました。

どんな訴えがあったのか、最後に確認した時はどんな様子だったのか等、少しでも多くの情報を把握しておくことが、命を救うことに役立つということでした。救急隊との連携に大変有意義な講座となりました。


 

 

 

 

 

初動で命が救えるかどうかという重要な行為。

使う機会がないにこしたことはありませんが、いざという時に落ち着いて対応できるよう今後も繰り返し訓練を行うことが重要です。今後も講座を企画していきたいと思います。

今回学ばせていただいたことは、仕事に生かされるとともに、地域貢献にもつながるものと考えています。

ご協力いただきました金石消防署様に感謝申し上げます。