2016年01月12日  

お餅つきと繭玉づくり。

お手伝いに来て下さった浦さん、橋場さん、吉本さんと一緒に昔ながらの臼と杵で年長組が餅つきをしました。思ったよりも杵が重かったようで「うわっ!重っ!」と言いながらも頑張っていましたよ。年下児も「よいしょー!よいしょー!」と応援しました。

お餅はあんこと黄粉をつけて皆で分けて頂きました。

 

 

 

 

 

餅つきの後、年長組は繭玉作りをしました。瑞樹団地内の柳やアカメカシの木の枝を金沢市の方から頂いたのですが、お餅がちょっと柔らかくて手や指にくっつくので扱いにくく「思ったより難しい・・」と、大苦戦していましたがなんとか出来上がりました。来年も良い年になりますように・・。