2014年10月08日  

どっさり採れたよ!おいもさん。

2日に年長ひまわり組と年中ゆり組が、3日に年少さくら組が木越町のみずきっこ農園へ芋掘りに行ってきました。いつも畑のお世話を手伝って下さっている青沼さんやキッズサポート隊の平さん、沖田さんや橋場さんなどたくさんの方にも手伝って頂きました。

今年の夏は暑さでなかなか畑に行くことができず、雑草が多く茂り、あまり収穫は期待できないかも・・と思っていましたが思いのほか大きいものがたくさん採れ、子ども達は大満足!土が固くて「おいも出て来~ん!」と途中でギブアップしそうな子もいましたがお手伝いの方や保育士、そして自分の分は掘り終わった友達が「手伝うよ!」と言ってなんとか無事に掘れました。中には掘っているうちに、なんとアリの巣を直撃!中からウワ~ッとアリの大群が出てきて驚いて逃げる子や、中には泣いてしまった子もいました。

掘ったおいもは皆で分けて持ち帰りました。園の分も取っておきました。こちらは今月、クッキングでひまわり組がめった汁を作るのでその材料に使ったり、他のクラスもおいもチップスなどを作ったり、いも版あそびをしたりするのに使いたいと思います。

ひまわり組は、いも掘りの絵をクレヨンや鉛筆、絵の具など自分で選んだ画材で、ゆり組はサツマイモを見ながら絵の具で描きました。さくら組はちぎり絵でサツマイモを作りました。楽しかった経験はいつもの描画活動、製作活動に比べて、より勢いがあり、楽しんでしているように思いました。