2016年07月13日  

交通安全講習会~金沢西警察署交通第一課カラクリ一座様

金沢西警察署様にご協力いただき、今年も交通安全講習会を開催しました。

 

 

 

 

実際に石川県内で高齢者が被害にあった痛ましい事故の解説があり、注意するポイントを説明していただきました。

「私は大丈夫」とは思わず、

横断歩道のないところを横断しない。

横断歩道を渡っていても油断しない。

ななめ横断はしない。

反射材を使用する。

など、自分の命を守るのは自分だと思い、十分注意して欲しいと話されました。

金沢西警察署交通第一課職員カラクリ一座による寸劇。

反射材が車からどのように見えるか、自分の身を守るために気を付けること等をユーモアを交えて説明して下さいました。

カラクリ一座は今年で15周年とのこと。昨年度もお世話になりましたが、ますます楽しさと分かり易さに磨きがかかっていました。

元気で長生きの秘訣は歩くこと。

当施設では、多くの方が近隣のスーパーやコンビニ等に外出していますが、幸いにもこれまで交通事故に遭われた方はいらっしゃいません。

職員一同、今後も入居者の方々が、安全に、元気に外出を楽しんでいただくことを願っています。

金沢西警察署様には、反射材の贈呈や講習会へのご協力感謝いたします。