2016年09月26日  

公園で見つけたよ!

保育園近くの木越2丁目公園、通称かいじゅう公園へ散歩に行った2歳児たんぽぽ組。

「せんせ~見て~!」「でんでんむしむしかたつむりおったよ~」「カエルさんもおった!」と言うので行くとカエルは子どもたちの声に驚いて逃げて行ってしまいましたがカタツムリがお散歩中。勇気のある子は触ったり、捕まえようとしますが大半の子は「どこ行くんやろ?」「おうち帰るんじゃない?」とじ~っと観察。歌は知っていても、カタツムリを本当に見たのは初めての子も多く、怖がるのも無理もないかもしれません。

その後、保育士が蝉の抜け殻を見つけました。「あ!蝉の抜け殻や!」「せんせい、それちょうだい!」「服につけて!」と知っている子は興味津々で触ろうとしますが、これまた初めて見た子は「怖い」「やだ」と見ただけで逃げて行きました。抜け殻なので動かないのは当たり前なのですが、何も知らない初めての子にとっては、なんかカサカサしていて、見た目はちょっと怖い形で、しかも背中が割れていて「ここから蝉が出てきたんだよ」と言葉で説明しても想像はつかないのだなぁと思いました。これからいろんなことを経験していこうね。