2016年07月20日  

取材を受けました~株式会社スギヨ「うな蒲ちゃん」

株式会社スギヨ様からご提案いただき、土用の丑の日が近づく7月14日、「うな蒲ちゃん」を入居者に提供しました。


 

 

 

 

 

「うな蒲ちゃん」とは、石川県七尾市の株式会社スギヨが開発したうなぎ風焼きかまぼこ。

かまぼこ?


 

 

 

 

どう見ても、うなぎの蒲焼。

見た目はもちろん、身の食感、焼き具合、皮まで再現されており、やわらかく小骨もないため、お子様からお年寄りまで安心して食べることができるそうです。また、調理加工しやすく様々なメニューに応用できます。カロリーも本物より抑えられているそうで、まさにヘルシー&ハッピー。

テレビ局4社、新聞社2社の取材を受けました。

昼食時間にはずらっとカメラが並び、入居者も職員もそわそわ。


実際に食べた入居者からは

「ほんとにかまぼこ?」「食感も皮も見事に再現してて感動した!」「美味しいし本物より食べやすいわ!」「うなぎは食べれないけど、これならいいわ!」などの声が。

夏。土用の丑の日にはやはりうなぎを食べたいものですね。

この「うな蒲ちゃん」は煮たり、蒸したりすることもでき「軟菜食」への加工も可能。

慣れ親しんだ味わいを安全に提供できることは、高齢者施設としては大変ありがたいことです。

株式会社スギヨ様、報道機関の皆様、ありがとうございました。