2016年11月28日  

草で遊ぼう

園庭に子ども用のままごとに使う小さい包丁やまな板、すり鉢やすり粉木を用意してみました。最初はすり鉢やすり粉木が珍しくて「どうやって使うの?」「なんでこんなのあるん?」と不思議そう。もしかしたらみんなのおうちにはないかもしれないですものね。そこで保育士が、庭に生えているクローバーの葉っぱを包丁で小さく切って、すり鉢で潰し、おもちゃの急須の中に入れ、そっと水を入れてコップに注ぐと・・・「あ!緑色!」「本当のお茶みたい!」「クローバーのお茶ができたね!」とびっくり。その後はもちろん「僕もする!」「私もしたい!」「じゃあ私、いっぱい葉っぱ取ってくるからね!」と大盛況のクローバー茶屋が展開されていました。その横では小さなピザ屋さんがオープン。こちらは木工ボンドが乾きにくいため、すぐに食べれないのですが「チーズいっぱいのほうが美味しいよね」「ハムもいいな」と考えながら具材を乗せていましたよ。3時のおやつを食べ終わったくらいにやっと焼き上がり!(というか木工用ボンドがやっと乾いたのです)嬉しそうに食べる真似をする子や「おうちに持って帰ってママにあげる」と楽しみに持ち帰る子もいました。