2015年08月19日  

8月10日 『安全祈願祭』が行われました!

ウン十年来の建物が解体され、すっかり見晴らしがよくなりました。

運動場が二つ分・・・とは言いすぎでしょうか。

奥に見えます白い建物は万陽苑従来型、茶色のツートーンの建物は万陽苑ユニット型の建物です。

 広々とした敷地内に、ポツン・・・と式場テントが!・・・かなり大きなテントなんですが、小さく見えますね。 

 さあ、

 「安全祈願祭」の始まりです!

土地神様を祝い鎮め、土地を利用させてもらう許可を得る意味と、これからの工事の安全と家の繁栄を祈願する意味とがあります。

 

 

 修祓・降神・献セン・祝詞奏上の後、四方祓が行われ、

地鎮では、

      斎鎌での「刈初」
     斎鋤での「穿初」
     斎鍬での「鍬入」
理事長、各施行業者の代表者で行われました。

 

その後、玉串奉奠、徹センが行われ、昇神、神酒拝戴にて

無事、安全祈願祭が滞りなく行われました。 

  これから、まず万陽苑従来型個室の建物から施行されます。

 万陽苑の引越しは来年の秋を予定。あっという間の1年となることでしょう。

従来型に暮らす入居者の方々も、大食堂から見える工事風景を、桜の枝越しに毎日眺めておいでます。

工事の安全と、陽風園の繁栄を願い、またそこに暮らすことになる入居者の皆様のご健康を祈り、安全祈願祭の報告とさせていただきます。