2015年02月07日  

ストレスに負けない心と体をつくる

第三万陽苑ではメンタルヘルス研修会を随時開催しています。

ストレス社会に生きている私たちは、仕事や人間関係のストレスが溜まりがちです。

その為、呼吸が浅く速くなってしまい、不安や焦りイライラなどが起こります。

ゆっくりと深い呼吸をする事で自律神経の副交感神経が優位となり、気持ちが落ち着き、不安の軽減、

焦燥感の改善などたくさんの効果が期待されます。

その効果によりストレスに負けない心と身体が作られます。

今回の研修会では、絹川副施設長より筋弛緩法呼吸法等を学びました。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 実践中の写真です。筋肉を緊張させて緩める筋弛緩法です。

今回学んだリラクセーションを日々取り入れていき業務に取り組んでいきたいと思います。