2015年02月26日  

ドキドキ!木越デイサービスセンターに初訪問!(年少さくら組)

みずき保育園では、お年寄りとの交流を積極的に取り入れ、子どもたちの世界が広がるよう努めています。色々な大人と触れ合うことは、人を思いやり、敬う心などを学ぶなど、子どものコミュニケーション能力を高めます。またお年寄りは子ども達のパワーや元気をもらい、子ども達に必要とされることで相互にいい影響があります。

ゆり、ひまわり組は保育園から歩いて10分とかからない距離にある、陽風園木越デイサービスセンター(木越町)へ歩いて行き、利用されているお年寄りと交流しています。毎年3月に、次にゆり組になるさくら組がプレ訪問として訪問しています。いつも散歩で通る道にある建物の中に入れるとあって興味津々な子もいれば、自分の祖父母よりも年上なお年寄りに初めて出会う子は緊張したり人見知りしてしまったりと反応は様々です。少しずつ、進級に向けて一歩を踏み出しています。