2014年06月02日  

安心への取り組み~地域清掃、心肺蘇生実習、避難訓練

地域で安心して暮らすためにも、施設周辺が清潔な環境であることは大切です。
5月28日、利用者と職員が地域の道路清掃を行いました。

西警察署前から木曳野小学校前の道路まで、3グループに分かれてゴミ拾い。

 

5月21日、もしもの時の安心のため、職員対象に救命救急医による救急蘇生法の実習を行いました。

AEDやダミー人形を用いた実習を毎年定期的に行い、最新の技術を保つように努めています。
また、この実習後、金石消防署員に立ち会っていただき、利用者と職員による避難訓練も実施しました。

別の日に屋外散水栓の使用訓練を実施。定期的に実施することにより防火技術の維持に努めます。