2018年08月06日  

救急救命講習 実践編~職員研修

 救急救命士を講師にお招きし、年2回心肺蘇生法や救急隊との患者情報提供の方法を学んでおり、今年で3年目となります。

 

 今回は様々な状況設定を提示し、それに基づいたロールプレイをチームで行うというものでした。

 

 施設に備え付けのバッグバルブマスク(アンビューバッグ)等を活用したり、状況も片側に麻痺が起きたり、食事中に誤飲したり、深夜に急変したりと、様々な状況で心肺蘇生を行い、発見から消防への通報、救急隊到着後の情報伝達までを訓練しました。

 

 深夜に急変した状況に於いて、「最後に元気な様子を確認したのは何時ですか。」との救急隊からの質問に対しては、巡回したときに熟睡を確認した時間を単にいうのではなく、例えば夕食後に元気にしていた時間だとか、或いは、まったく健康状態に問題のなかった数日前であるとかが、この質問の正解なのだそうであり、目からウロコでした。

 講師から対応が適切で迅速であると、よい評価をいただきました。この評価に甘んずることなく、更なる安心安全に取り組んで参りたいと存じます。(施設長)