2016年09月15日  

第二万陽苑★地蔵盆法要

第二万陽苑では毎年、9月になると地蔵盆法要が行われます。

今年も、中庭にいらっしゃるお地蔵さまにお経をお納めていただきました。


この地蔵盆の由来ですが、いくつかの説があるそうなのでその一つを紹介したいと思います。

子供の成長や幸福を願う地蔵盆の背景には、地蔵菩薩のこんな物語があります…

親に先立って亡くなった子供達が、三途の川の賽(さい)の河原で、両親や兄弟たちを懐かしみ石の塔を築くと鬼がやってきてそれを壊してしまいます。それを哀れんだ地蔵菩薩が、子供達を抱いて錫杖(しゃくじょう)の柄に取りつかせ、自分が子供たちの親となって救うことを誓いました。それ以来、町の辻に地蔵菩薩を建立し、こどもの幸福を祈る民間信仰として近畿地方で広まったといわれているそうです。

熱心に祈るご利用者様たち…わが子を思う気持ちはいつまでも変わらないようです。

(介護支援専門員 i)