2018年08月08日  

第二万陽苑 納涼祭~つつじが丘町会、内川女性会様ご参加

 夜の行事である納涼祭ですが、以前は建物の外の広場で行っておりました。屋外で行う盆踊りは夏の風物詩でもありますが、ご利用者様の健康に留意し2年前から屋内で行っております。近年の猛暑傾向と要介護度の重度化傾向を鑑みると、今後も屋外で盆踊りを開催するのは難しいのではないかと思われます。
  数日前に食堂ホールのLED化が完了し、昼間のように明るくなったホールで納涼祭を楽しんでいただきました。

 

 新人職員による着物ショー。着付け担当は当苑ベテラン職員であり、帯の結び方も着物の柄に合わせて変えてあるのだそうです。

 

 盆踊りの曲がかかると、スイッチが入るというか、ご利用者様がとても真剣な眼差しになられます。お若い頃によく盆踊りに行かれたのでしょうか。盆踊りはご利用者様のこころにとてもよい効果がありそうです。

 

 ご家族の皆様や地域の皆様に、ヨーヨーすくいや、くじのコーナー、やきそば、ドリンク、アイスクリームの飲食コーナーを提供し、楽しんでいただきました。

 

 今年も大爆笑の男性介護員によるドジョウすくい。ホントに、これは芸の域ですね。

 

 毎年ご参加いただいております、内川女性会様(左)やつつじが丘町会様(右)。楽しい納涼祭となりましたのも地域の皆様のご協力のおかげであり、感謝申し上げあげます。(施設長)