2015年10月02日  

第二万陽苑の “地蔵盆”

本来、地蔵盆は8月に行われていましたが、今年は中庭の工事があったため9月9日にとりおこなわれました。

もともとあった場所から移動する際に「抜魂」の儀がとりおこなわれていたため、今回は「入魂」作業も含めてのお参りとなりました。

(←8月の「抜魂」の儀)

 

 

 

 

この日は台風18号が日本列島を通過し、あいにくの天気となりましたが、お地蔵様は真っ赤なビロードの新しい衣を身につけ晴れ晴れしいお姿でした。

 

 

 

 

「入魂」の儀~筆に墨を付けて、何やら…ありがたい感じを受けます。

利用者の皆様はこの雨風で室内からのお参りとなりましたが、熱心にお焼香をされお参りされていました。

 

利用者家族のH.Y様は…「昔は地蔵盆といえば、屋台が立ち並びとてもとても賑やかなものでしたよ…」と懐かしそうに話してくださいました。

地蔵菩薩は中近世以降子供の守り神として信仰されている神様です。

「いくつになっても子供が無事守られていますように…」

皆様のそんな声が聞こえてきそうです……<(_ _)>