2014年10月03日  

運動会が無事終了しました。

心配していたお天気も、子どもたちの祈りが通じたのか最高の快晴 たくさんの保護者が見に来て下さったのですが、いつもと違う雰囲気に2歳児のたんぽぽ組や、年少さくら組の子どもたちは圧倒されてしまう子もいました。

 

 

でも、来年1年生になる年長ひまわり組や、年中ゆり組は気合いの入り方が違います!「今日は大好きなお父さん、お母さんが見に来た!」「おじいちゃんやおばあちゃんもみんな応援してくれている!」というのが嬉しくて「今日は1位になってやる!」「絶対負けんぞ!」と張り切っている姿が多く見られました。特にかけっこ(徒競争)では真剣そのもの。たとえ転んでも泣かずにパッと起き上がります。どの子もゴールまで自分の力を出して走りました。そして年下児には「がんばれ~!」と声援する姿も見られ、さすが年上児!微笑ましい限りでした。

その、ひまわり組は組体操とSMAPの曲「ありがとう」でフラッグ演技をしました。歌詞には           ”こんなにも素敵な人たちがそばにいてくれた” ”何よりも君と出会えることが出来てよかった”                            ”大きな大きな愛情だけで僕らはきっと強くなれるんだ” とあります。

 

今年で10回目の運動会。その年々で色々な感動のドラマがありました。そして今日、また、みずきっこ一人一人が今、できることを頑張りました。元気いっぱい行進したり、走ったり踊ったりする姿は保護者の方同様、私達スタッフも口元だけでなく目元も緩みました。その姿は忘れられない大切な思い出です。

 

今年のテーマ同様、支えて下さった皆さんに「ありがとう」 感謝の持ちでいっぱいです。