2014年12月24日  

餅つき&繭玉作り。

お手伝いに来て下さった浦さん、橋場さん、吉本さんと一緒に昔ながらの臼と杵で年長組が餅つきをしました。

杵を持った途端「うわ重いっ!」と言いながらも年下児が応援しながら見ている手前、めげるわけにはいきません。とても頑張っていました。お餅はあんこと黄粉をつけて皆で分けて頂きました。

 

 

年少組は表現会で「ねずみのすもう」の劇をしたこともあり「これ食べたら強くなるげんね!」「力持ちになるね!」と嬉しそうでしたよ。

餅つきの後、年長組は繭玉作りをしました。先月のうちに瑞樹団地内の公園や親水緑地に落ちていた枝を拾ってきて、それに自分達がついた紅白のお餅を順番に付けていきます。今年のお餅はとても柔らかかったので手や指にくっつくので扱いにくく、大苦戦していましたがなんとか出来上がりました。年末に各家庭に持ち帰り、お正月飾りで使って頂けるかなぁと思っています。来年も良い年になりますように・・。