2016年08月31日  

3月に卒園した1年生が遊びに来てくれました!

みずき保育園では開園2年目から毎年、夏休みに3月に卒園した1年生と年長ひまわり組との交流会をしています。「おはようございます!」「こんにちわ!」と大きな声で言いながら卒園児が元気な顔を見せてくれました。夏休み中、毎日学校のプールに通っていて、真っ黒に日焼けした子が多かったです。ほとんどの子は大浦小学校に通っていますが、違う小学校へ入学した子もいるので「あ!〇君や!」と久しぶりの再会にちょっと恥ずかしく、照れながらも嬉しそうでしたよ。前園長の宮本先生もお手伝いに顔を見に来て下さり懐かしそうでした。ひまわり組は前日に1年生に質問したいことをいっぱい考えていて当日、ドキドキしながら学校の勉強のことや先生のこと、宿題や上級生のこと、ランドセルのことなどを聞いていました。駐車場でのスイカ割りは「○君、もっと前!」「ちょっと行き過ぎ!」「頑張れ~!」と大いに盛り上がりました。ドッジボールもしましたが日頃自分たちが1番強いと思っていたけど1年生の剛速球と作戦のうまさに完敗のひまわり組は尊敬のまなざしを向けつつ、すごく悔しそうでした。その後1年生にとっては懐かしい保育園のカレーライスを一緒に食べました。ここでもひまわり組は1年生に負けるまいと張り切って何杯も食べ、「お腹苦しい・・」と食べ過ぎた子もいました。いつまでの憧れの年上児。ひまわり組が1年生になったら、きっといろいろ優しく接してくれるだろうし、頼りになるだろうなと思いました。