沿革

明治 大正 昭和 平成
明治6年 金沢市木ノ新保に家屋一棟を購入し、視覚障害者20余名を収容。
明治12年 金沢市彦三2番丁その他に家屋6棟を購入。 生活困窮者200余名を収容。
明治18年2月20日 小野太三郎救育事業の功績により藍綬褒章を受賞。
明治38年8月1日 金沢市常盤町に新院舎竣工。「小野慈善院」と称す。
明治39年10月29日 財団法人の認可を受け、小野太三郎 理事長兼初代院長に就任。
明治45年4月5日 院長 小野太三郎 逝去。 金沢市長 渡瀬政禮、理事長兼第二代院長に就任。
大正2年3月28日 幼年部院舎竣工。
大正5年4月1日 幼年部を学校組織とし、私立臥龍尋常小学校を開校。
大正9年9月29日 無縁塔を建設。
大正15年3月31日 私立臥龍尋常小学校を廃止。
昭和7年6月22日 救護法の実施に伴い、救護施設(救護部・養老部)の認可を受ける。
昭和7年12月26日 建物1,606坪の新院舎竣工。
昭和9年3月24日 石川郡崎浦村三口新(現 金沢市三口新町)に移転する。
昭和11年4月20日 幼年部に農繁期季節託児所「三口新町託児所」を併置する。
昭和22年7月10日 石川県知事より、生活保護法による収容保護施設の認可。
昭和22年10月29日 天皇陛下北陸巡行行幸の際御視察。(午後4時35分御着、午後4時45分御退出)
昭和23年1月1日 児童福祉法により、幼年部は養護施設に認められる。
昭和23年4月13日 一入所者の失火により男子寮、女子寮、浴場、被服庫、炊事場、夫婦寮等10棟(約830坪)を焼失。
昭和23年9月14日 収容棟4棟、炊事場、浴場理髪室 各1棟他、付属建物等770坪75の焼失建物復興工事竣工。
昭和23年12月28日 財団法人 小野陽風園」と改称する。
昭和24年4月8日 「陽風園診療所」開設。
昭和27年4月1日 「小野陽風園保育所」開設。
昭和27年5月9日 財団法人から社会福祉法人に組織変更し「社会福祉法人 小野陽風園」と称す。
昭和29年11月1日 生活保護法にもとづく救護施設開設。
昭和31年3月31日 「小野陽風園保育所」廃止する。
昭和31年4月1日 精神薄弱児施設「あけぼの学園」開設。
養護施設児童部を「若竹学園」と改称。
昭和37年3月31日 養護施設「若竹学園」廃止。
昭和38年8月1日 老人福祉法に基づく養護老人ホーム開設。
昭和39年4月1日 精神薄弱者福祉法に基づく精神薄弱者更生施設「若葉ホーム」開設。
昭和40年1月1日 老人福祉法に基づく特別養護老人ホーム開設。
昭和43年6月9日 園祖 小野太三郎翁顕彰碑の除幕式を挙行。
建物整備8カ年計画事業完成落成式を挙行。
昭和44年4月1日 社会福祉法人 陽風園」と改称する。
昭和45年3月31日 精神薄弱児施設「あけぼの学園」廃止。
昭和57年4月1日 各施設に固有名称をつける。 (養護老人ホーム「向陽苑」、特別養護老人ホーム「万陽苑」、救護施設「三陽ホーム」)
昭和60年7月1日 特別養護老人ホーム「第二万陽苑」開設。
昭和63年10月1日 園章の制定。
平成5年5月5日 陽風園の信条「私たちの信条」制定。
平成5年7月1日 特別養護老人ホーム「第三万陽苑」開設。
平成5年8月1日 「第三万陽苑デイサービスセンター」開設。
平成6年4月1日 精神薄弱者地域生活援助事業 グループホーム「スターツもみじ」開設。
平成7年11月1日 精神薄弱者更生施設「若葉ホーム」を移転し、知的障害者更生施設「ハビリポート若葉」と改称。
平成8年4月1日 精神薄弱者通所授産施設(社会就労センター)「あけぼの作業所」開設。
「万陽苑デイサービスセンター」開設。
「陽風園 お年寄り介護相談センター」開設。
精神薄弱者地域生活援助事業 グループホーム「スターツあおば」開設。
平成8年4月8日 「金沢三口新町簡易郵便局」開設。
平成8年9月18日 天皇皇后両陛下石川県行幸啓(第16回全国豊かな海づくり大会)の際、ハビリポート若葉を御視察(午後1時30分御着、午後2時30分御退出)。
平成10年10月15日 創立125周年記念式典挙行。
平成11年3月1日 「金沢お年寄り介護相談センター第三万陽苑」開設。
「陽風園お年寄り介護相談センター」を「金沢お年寄り介護相談センター陽風園」と改称。
平成11年9月27日 指定居宅介護支援事業「陽風園生活支援センター」「第二万陽苑生活支援センター」「第三万陽苑生活支援センター」開設。
平成11年10月1日 知的障害者地域生活援助事業 グループホーム「さくら」開設。
平成14年5月1日 指定居宅介護支援事業「陽風園金沢南生活支援センター」開設。
平成15年6月30日 創立130周年記念式典挙行。
平成17年4月1日 保育所「みずき保育園」開設。
平成17年4月1日 老人通所介護施設「陽風園 木越デイサービスセンター」開設。
居宅介護支援事業「陽風園木越生活支援センター」開設。
平成19年4月1日 「金沢お年寄り介護相談センター」を「お年寄り地域福祉支援センターみつくちしんまち」に改称。
平成22年4月1日 「第二万陽苑生活支援センター」と「第三万陽苑生活支援センター」を「陽風園生活支援センター」に統合する。
「木越デイサービスセンター」、「陽風園木越生活支援センター」、「お年寄り地域福祉支援センターみつくちしんまち」と「陽風園生活センター」を在宅事業推進局として組織改変。
平成23年4月1日 大徳地区に養護老人ホームを2分割し向陽苑木曳野を開設。
平成24年4月1日 本園改築のため養護老人ホーム「向陽苑」(定員240人)を2分割し、「向陽苑木曳野」(定員120人)を市内桂町に開設し移転。
平成25年4月1日 在宅福祉サービス事業を統括する陽風園地域福祉プラザを設け、居宅生活支援事業の統合と強化を図る。
養護老人ホーム「向陽苑崎浦」(定員120人)を全面改築運用開始。
平成25年10月1日 特定相談支援事業「障害者相談支援センターわかば」開設。
平成26年5月24日 創立140年記念式典挙行。
平成26年6月1日 サービス付き高齢者向け住宅「ドゥ・リアン」開設。
平成27年3月31日 「金沢三口新町簡易郵便局」廃止。
平成27年4月1日 本園改築のため特別養護老人ホーム万陽苑(定員190人)のうち60人分を、ユニット型特別養護老人ホーム「万陽苑清風館」として改築運用開始。
平成28年4月1日 「陽風園木越生活支援センター」を「陽風園生活支援センター」に統合し、居宅介護支援事業の強化を図る。
グループホーム「スターツあおば」(定員4人)を移転し、「あおば」(定員7人)に改称。障害者の地域生活促進機能の強化を図る。
低年齢児受入機能強化(8人分)のため保育所「みずき保育園」を改築運用開始。
明治 大正 昭和 平成

PDF   より詳細な内容につきましては、PDFをご覧ください。
  <<PDF Download (555KB)